スポンサードリンク

オンライン麻雀「麻雀一番街」

麻雀一番街の魅力

見やすい対局画面と快適な機能

麻雀一番街の対局画面
「麻雀一番街」の魅力はユーザーインターフェースの快適さとグラフィック性能のバランスにあります。

 

対局中は、スタンプや定型文を使ったコミュニケーション機能が充実しており、プレイヤー間のコミュニケーション要素もたっぷり。

 

高い手をあがった時にカットインは迫力があり対局を盛り上げます。

 

基本プレイは無料で、多様なデバイスに対応しているため、幅広いユーザーに利用されています。

 

 

快適なプレイ環境を提供している

麻雀一番街の便利設定

 

対局中の操作はサクサクと行え、自動理牌、自動鳴き、自動上がりなどのオート機能も充実。

 

特に快適なのが、捨て牌選択時に右クリック一つでツモ切りや鳴きのパスができること。

 

これは天鳳や雀魂にはないシステムで、マウスを動かさずに打牌できるので快適にプレイできます。

 

一応雀魂にもダブルクリックでツモ切りする機能がありますが、右クリック一回のほうがはるかに便利ですね。

 

また、ツモ切りした牌が画面上で灰色に表示もできます。CPU戦だけでなく、対人戦の段位戦にも適用されています。

 

一般的なネット麻雀では手出しツモ切りの判別しにくいですが、麻雀一番街では捨て牌で確認できます。

 

どちらも設定の「ツモ切り暗転表示」と「パス・ツモ切りの方式」で変更可能。

 

お好みのキャラクターを育てる育成システム

麻雀一番街の雀士一覧
このゲームのもう一つの大きな魅力は、豪華声優陣によるフルボイスのキャラクターたちです。

 

獲得したキャラには育成システムがあり、段位戦での勝利や贈り物をすることで麻雀感(好感度)があがります。

 

好感度マックスになると「覚醒」が行えるようになり、新しい衣装やボイスが開放されます。

 

季節に合わせた限定ボイスなども用意されており、キャラクターたちのボイスを聞きながら対局を楽しむことができます。

 

ちなみにプレイヤーはキャラクターから「キャプテン」と呼ばれる。

麻雀一番街のガチャについて

無課金でそこそこガチャ(募集)できる

麻雀一番街ではガチャを「募集」、ガチャチケを「雀券」としています。

 

ガチャの引き方はメインメニューの右下にある「募集」から可能です。

 

ガチャチケはウィークリークエストやイベントをこなせば毎週3枚は獲得可能。

 

クエスト条件も手軽で、7日ログインや、1週間で段位戦を7回行うだけです。

 

麻雀一番街のウィークリークエスト

 

ウィークリークエスト以外にもイベントなどでガチャチケが配布されることもあるので、無課金でもそこそこガチャを楽しめるようになっています。

 

ガチャの確率(獲得確率の配分)

雀士 5%
装飾品 15%
アイテム 80%

 

ガチャの種類は複数ありますが、排出確率はすべて同じです。

 

麻雀一番街ガチャの天井システムは?

1回募集(ガチャ)すると、交換用のチケットが1枚もらえます。150枚集めると好きなキャラクターを1体入手することが出来ます。

 

なので天井は150連となります。

 

交換可能なものはキャラクターだけではなく、麻雀卓や牌、GGMもあります。

 

リセマラは効率が悪い?

ガチャチケットを効率よく集める方法としてリセマラがあります。

 

以前まではD3に昇格するとガチャチケットがもらえていましたが、対策のためか現在は獲得できません。

 

リセマラ手順もアプリの再インストールが必要で時間がかかります。効率も悪くおすすめできません。

麻雀一番街のゲームモード

段位戦:最高位「天下一番」を目指す

麻雀一番街「段位戦」

 

最高位「天下一番」を目指す段位戦。

 

対局に勝利していくことで昇段していきます。

 

麻雀一番街の段位一覧

段位 必要商談ポイント 降段
天下一番 なし
十段 7600P あり
九段 6600P あり
八段 5600P あり
七段 4600P あり
六段 3600P あり
五段 2800P あり
四段 2000P あり
三段 1200P あり
二段 800P あり
初段 400P あり
A1 280P なし
A2 100P なし
B1 80P なし
B2 70P なし
C1 60P なし
C2 50P なし
D1 40P なし
D2 40P なし
D3 40P なし
初登場 40P なし

 

獲得できるポイントはプレイする卓と着順によって変化。

 

卓は全部で4つあり、上級の卓ほどポイントの増減幅が増えます。

 

全ての卓で四人麻雀・3人麻雀の東風、半荘戦がプレイできます。

 

各卓の入場条件

新星卓

段位制限:初登場~三段
必要アウル:制限なし
R制限:なし

霞月卓

段位制限:初登場~六段
必要アウル:3,000
R制限:なし

炎陽卓

段位制限:四段以上
必要アウル:5,000
R制限:なし

銀河卓

段位制限:七段以上
必要アウル:10,000
R制限:1,800以上

 

復活応援金

所持アウルが一定数を下回ると復活応援金としてアウルを獲得できます。1日1回まで。

 

復活応援金はゲーム内のメールにて配布されます。

 

初段~三段 5,000以下になった場合に5,000アウル
四段~六段 9,000以下になった場合に9,000アウル
七段以上 18,000以下になった場合に18,000アウル

 

麻雀一番街の段位が上がりやすい理由

麻雀一番街のレートシステムは強いプレイヤーにとって有利で、上位になるほど多くのポイントが得られます。四段が「陽炎卓」で対局した場合場合、1位で+130ポイント、2位で+50ポイント、3位で-40ポイント、4位で-100ポイントとなっています。このポイントシステムは実力のあるプレイヤーはどんどん段位が上がる仕組みです。要は自分と同じレベルのユーザーと対局できるのが早いということ、

 

また、「麻雀一番街」はネット麻雀の「天鳳」や「雀魂」と違い、ラス回避ルールではなく、トップ取りルールを採用しています。これにより、4位を避けることが重要になり、勝ち越していてもラス配分が厳しいため、ランクアップが困難な状況を避けられます。トップ取りルールの方がランクアップしやすく、モチベーションも維持しやすいでしょう。

 

段位戦4人打ちルール
配給原点:25,000点
返し点:30,000点
順位点:1位+30、2位+10、3位-10、4位-30 (段位ポイントとは別途集計)
オカ:あり
赤3枚、一発、裏ドラ、槓ドラ:あり
喰いタン、後付け:あり
全員が30,000点未満の場合は南入、西入あり
途中流局:あり(九種九牌、四風連打、四槓散了、三家和、四家立直)
聴牌連荘:あり
大明槓嶺上パオ:あり
役満パオ:あり
人和:なし

 

段位戦3人打ちルール
四人麻雀との相違点は以下の通り。
配給原点:35,000点
返し点:40,000点
順位点:1位+20、2位+0、3位-20
チー:なし
赤2枚
二萬〜八萬は使わない
全員が40,000点未満の場合は南入、西入あり
北抜きドラ:あり(北抜きはフリテン・槍槓の対象にならない。地和・ダブル立直・一発は無効になる)
ツモった際の点数計算:ツモ損
途中流局:あり(九種九牌、四槓散了)

 

一局戦:刺激的な三人麻雀の一発勝負!

麻雀一番街の一局戦

 

3人打ちの一局戦。一局戦への参加は「一番券50枚」、もしくは「25,000アウル」が必要。

 

和了った翻数に応じて報酬を獲得でき、翻数が大きければ大きいほど報酬が増えます。

 

役満(ダブル含む)を達成すると、Jackpot、またはSuper Jackpotとなり、大量の一番券かアウルが獲得できます。

 

1番戦 アウル戦

ダブル役満
Super Jackpot

1,750枚 875,000

役満
Jackpot

875枚 437,500
三倍満 300枚 150,000
倍満 225枚 112,500
跳満 150枚 75,000
満願 75枚 37,500
4翻 65枚 32,500
3翻 40枚 20,000
2翻 35枚 17,500
1翻 25枚 12,500

 

一局戦ルール(3人打ち)
初期点:35,000点
赤4枚、裏ドラ・カンドラ・カン裏あり、一発あり
カンすると即カンドラ表示
抜きドラなし
北は役牌
ツモ損あり
途中流局なし
責任払いあり
人和なし
流し満貫あり(得点は満願扱い)
和了牌は最大2倍役満として計算

 

一番券やアウルを賭けて対局する「一局戦」刺激的なゲームモード。報酬目当てで大物手を狙うか、手堅く速攻で勝ち切るか。戦略はあなた次第。「北抜き」や「途中流局」など、段位戦の3人打ちとはルールが異なるので注意。

 

大会戦:特典満載のイベントが豊富

麻雀一番街「大会戦」

グランプリ

グランプリは公式大会戦の一種。開始時間が事前に規定され、参加書は事前応募が必要。ルールは各グランプリの入口で確認できます。

 

基本的に参加者を複数組に分けたグループ戦。グループ戦の後に優勝戦が行われる。

 

毎日大会

毎日実施される公式戦。応募人数に達すると対戦開始。公式大会は現在トーナメント制を採用。

 

四人麻雀は上位2名が進出。三人麻雀はトップのみ進出となります。

 

個室

大会戦・個室は、ユーザーが作成できる大会戦。現在は1人3回まで期間限定無料で作成できる。

 

 

友人戦:気の合う仲間だけで麻雀が楽しめる

麻雀一番街「友人戦」

 

友達同士で打てる対局室を作成するモード。友人線では段位ポイント・レーティング・アウルは変動しません。

 

個室IDを入力、もしくは招待リンクをクリックすることで、設定したルールで友人と対局することが可能。

 

割れ目、オープンリーチ、祝儀ポイント、焼き鳥といった友人戦ならではのルールに設定できるので便利です。

パソコンで麻雀一番街をプレイする方法

麻雀一番街のPC版ダウンロード
麻雀一番街公式サイトダウンロードページへ

 

麻雀一番街は、Android、iOS、macOS、Windows、Linux、Steam版など、幅広いプラットフォームで利用可能です。

 

パソコン版(Windows版)は、公式ウェブサイトやSteamからダウンロードしてプレイすることができます。

 

手順は、まず公式サイトのトップページよりパソコン版の麻雀一番街をダウンロードします。(windows版/mac版)

 

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、「Mahjong-JP.exe」をダブルクリックすると麻雀一番街が開きます。

 

 

麻雀一番街をプレイして思ったこと

まず問題点は、プレイヤー数が少ないことが挙げられます。天鳳やジャン魂ほどのユーザー数はいません。だからといってマッチングが遅いということもないのであまり気にしなくてもいいかもしれませんね。

 

また、獲得キャラクター数が少ないことや、初期キャラの魅力がいまひとつであること。着せ替えが期間限定であることでしょう。対局画面は問題ありませんが、ホーム画面やショップ画面のUIが見づらいのも改善してほしいところ。

 

極論、雀魂に似すぎているこでしょうか。ただ、ガチャ料金に関しては比較的やさしいと思います。ゲームモードも豊富で楽しめる麻雀ゲームであるのは間違いありません。

 

結論。麻雀一番街は良い意味でやばい。

麻雀一番街の運営会社

販売事業者 フォーミライ株式会社
所在地 東京都新宿区百人町2-1-45

スポンサードリンク